その他

ICPデータ

米島フエルト産業 品質管理部の武田です。


弊社では不織布や両面テープ、ウレタンなど様々な材料を取り扱っているのですが、お客様より材料における有害物質の、精密測定データを求められる場合がよくあります。

もちろん、有害物質ですので検出されることはほぼ無いのですが、データを用意してお客様に提出しています。

基本的には材料メーカー様より取り寄せて提出するのですが、何らかの事情によりメーカー様からデータが出てこない場合には、弊社にて第三者機関に手配して測定する必要があります。


ビーカーs

測定の対象となる物質は、RoHS2指令の規制物質やフタル酸エステル類、ハロゲン物質などですが、分析対象の物質により測定方法が異なり、よりふさわしい測定方法を用いたデータが求められます。


主な測定方法としては

ICP発光分光法

・ガスクロマトグラフィー

XRF蛍光X

などがありますが、精密測定方法としてはICP発光分光分析法を指すことが多いため、一般的にICPデータと呼ばれています。


このように材料の精密測定データも対応しておりますのでご相談ください。


でんさい(電子記録債権)導入について

こんにちは。経理総務部の南野です。


昨年より政府ではデジタル庁が発足し、国や地方行政のIT化、DXの推進がますます加速される「デジタル社会」の実現に向けて様々な取り組みが進められようとしています。

弊社も今後業務の効率化を進めていくうえで、デジタル化は必須の課題となります。


その取り組みの1つとして、今年度よりお取引先様への代金支払方法につきまして、従来方法に加えて「電子記録債権(でんさい)」による支払を開始させていただきました。

弊社が新たな支払方法として採用する「でんさい」は、約束手形に代わる新たな決済手段として、株式会社全銀電子債権ネットワーク(通称「でんさいネット」)が提供する電子記録債権であり、お取引様にとって利用メリットの高い決済手段です。具体的には以下の通りになります。


  ① 指定口座に自動入金されるため取立が不要となります。

  ② 手形では不可能である分割による譲渡(割引)が可能になります。

  ③ ペーパーレスのため、保管・管理業務が削減できます。

  ④ 領収書の発行が不要であり収入印紙料金の削減ができます。

  ⑤ 郵送時の書留代金分が節約できます。


実際弊社で「でんさい」支払に変更した結果、手形の送付事務が不要となり、印紙代や書留代金の削減効果も大きく表れております。現在紙の手形を発行されている会社様も検討される価値は充分にあると思います。

今後も弊社は、業務効率化により生産性を向上させ、お客様にとってより良い商品を提供できるように取り組んでいきますので、どうぞよろしくお願い致します。

でんさいs

新年のご挨拶

業務部の安井です。

皆様におかれましては、良き新年をお迎えになられたことお喜び申し上げます。

また、旧年中は多大なるご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

弊社では2022年は15()より通常営業を行っており、本年も皆様のお役に立てるように、より一層の努力をしてまいりますので、変わらぬお引き立てを賜りますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。

イラスト450





年末年始休業のお知らせ

業務部の安井です。


今年は延期となっていた東京オリンピックが開催され、無観客という異例な状況下での開催となりましたが、
2021年の漢字『金』にも代表されるように日本人選手の活躍が目立ち、過去最高のメダル獲得数と言う結果で幕を閉じました。


オリンピック期間中は日本だけでなく、世界中で各選手の熱戦に注目が集まり、久しぶりコロナの暗い話題以外で世界が明るい話題に包まれたように改めてスポーツの力は凄いなと実感しました。


一刻も早くコロナウイルスが終息し、早く以前の様に大観衆の中で開催される事を願うと共に
2022年が皆様にとって良き年になります事、心から祈願申し上げます。


さて、弊社は下記の期間を年末年始休業とさせて頂きます。


2021
1229() 202214()


新年は
15()より通常営業を開始いたします。


本年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。

皆様のご多幸をお祈りいたします。


寅s

Excelの連番に困られたら

こんにちは。経理総務部の敦賀です。

 

前回までは、Excelでの時間短縮について記載させて頂きましたが、

米島フエルト社員ブログ : Excelで時間短縮② (techblog.jp)

今回は、Excelでの小技について書かせて頂きます。


Excelで資料等を作成する際に、数字を連番で記載することがあるかと思います。

その際に使用されるのは、「オートフィル」ではないでしょうか。

私も基本的には、「オートフィル」を使用しています。

数字記載する最初のセルに「1」と入力し、「Ctrl」キーを押しながら、ドラッグする方法です。

 

しかし、この方法では、行もしくは列を削除した際に、連番が崩れてしまいます。

再度オートフィルをする必要があり、修正に手間がかかるのと資料に誤りが出てきます。

気づきにくい点ですので、私も度々指摘を受けてしまいます。

 

そこで今回ご紹介する方法は、ROW関数を使用します。

この方法を利用する事で、上記のトラブル回避が可能となります。


例えば「A1」に「1」と表示させたい場合、セルに、「=ROW()」と入力すると、「1」と表示されます。

注意頂きたいのは、2行目に「1」を表示させるには、「=ROW()-1」とする必要があります。

引く数字は、行数-1として頂くと大丈夫です。


上記関数を入力したセルを希望のセルまでオートフィルを行うと連番で表示がされます。

途中の行を削除しても、自動的に連番が維持されているかと思います。


一度お試し下さい。


エクセルs1

pageTop