その他

業務改善 第1回目

こんにちは。経理総務部の敦賀です。

蒸し暑い季節になりましたね。

今年も長い夏を乗り越えられるか心配になってきました。

4月から有給休暇5日取得義務化が始まりましたが、皆さんは、有給休暇を取得出来ておられますか。

有給休暇取得義務化に併せて業務効率を高める事が求められているかと思います。

私もその一人で、何から手を付けようかと考えておりました。

簡単なところから、日々使用しているExcelで効率化を図れないかということで、ショートカットキーを使うということから始めてみました。

一つ一つの作業自体は僅かな改善ですが、

Excel業務のスピードアップが図れるかと思います。

使用頻度の高そうなショートカットキーを何点かご紹介させて頂きます。
ショートカットnew2

今後も業務改善に役立つ情報をご紹介できればと思います。
業務改善

消費税軽減税率

こんにちは。経理総務部の南野です。


消費税の
8%から10%への引き上げまであと4ヶ月程となりました。

増税については、自民党議員から延期もあり得るという報道も出ましたが、どうなることでしょうか。事業者としては、会計処理の変更もあり、早く結論が出てほしいところです。


さて以前にもお話しましたが、
10月からの消費税10%への引き上げ時には、酒類を除く飲食料品の税率を8%に据え置く軽減税率が導入されます。

ただし、コンビニでおにぎりやパン、総菜などを買って店内のイートインコーナーで食べる場合は、「外食」とみなされて税率が10%になります。持ち帰りか、店内飲食かで税率が異なるため、店側がどうやって客の意思を確認し、線引きするかが課題となっていましたが、大手コンビニエンスストアは軽減税率への対応策を固めたようです。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

飲食品を持ち帰る場合(税率8%)と、店内の「イートイン」コーナーで飲食する場合(税率10%)との区別の仕方について、店内飲食の場合は客が会計時に自己申告するように明記したポスターを掲示。店員が個別の客の意思を確認することはせず、客からの申し出がなければ、「持ち帰り」と見なして、税率8%を適用するとのことです。

軽減税率


線引きをめぐっては、国税庁が昨年11月、個別事例を紹介した軽減税率のQA集改訂版を公表。この中でコンビニについて「イートインコーナーを利用する場合はお申し出ください」などの掲示があれば、客の個別の意思確認が不要との解釈を示していました。
大手コンビニが今回固めた軽減税率対応はこの国税庁の解釈に沿ったもので、日本フランチャイズチェーン協会が、具体的な掲示の文言などをめぐって、財務省と調整しています。掲示があっても客が申告せずに8%の税率で食品を購入した上、イートインコーナーを利用することも考えられますが、罰則は想定していないとのこと。協会は今後、掲示に関わるガイドラインを策定する方針で、これを受けて、コンビニ各社は具体的な掲示方法などを決定、加盟店や店員向けのマニュアルを整備していく方針です。
 

軽減税率に増税延期報道・・・今回の消費税増税は、なかなか一筋縄ではいかない要素がまだまだありそうです。

「関税」を撤廃・削減するEPA

皆さま、こんにちは! 4月、桜の季節がやって参りました🌸
毎年この季節になると長野県の高遠城址公園へ花見に出かけたくなるのですが、
結局行けずじまいで早10年が経過しています…松浦です。

今年の開花は44日、満開は49日が予想されているようです。

皆さまも機会がございましたら是非、高遠桜をお楽しみください🌸

さて、今回はコスト削減に繋がるかもしれない?!EPA取得について簡単にご案内致します。

 

そもそもEPAとは何のことでしょう?外務省のホームページ上の説明によりますと…
経済連携協定(EPA…貿易の自由化に加え、投資、人の移動、知的財産の保護や競争政策におけるルール作り、様々な分野での協力の要素等を含む、幅広い経済関係の強化を目的とする協定。
…とのこと。少し難しいですね
💦

一言で説明するのは難しいですが、貿易ビジネス上で欠かすことのできない
輸出入に伴う「関税」を撤廃または削減することができる可能性を秘めた国と国同士の協定
という認識で頂ければと思います。
実際に、弊社から商品を輸出する際にこのEPAを取得して輸入関税を20%以上削減された
お客様もいらっしゃいます!国や商品によっては適応されないものもありますが、
輸入者にとっては経済的メリットが生まれ、輸出者にとってもビジネスの促進材として
有効活用することができます!

boeing-159589_280

2019
21日、日本とヨーロッパ(EU)との間で、EPAが発行され、

ますますビジネスチャンスが広がっている昨今。
弊社ではEPAを用いた輸出ビジネスもご提案させて頂いておりますので、
ご興味のある方はぜひ、一度お問い合わせ下さい!!

また、私事で大変恐縮ではありますが…5月より出産のため休職することになりました。

※休職期間中の連絡先に関しては、各お取引先様へ順次ご連絡させて頂きます。
ご不便をおかけしてしまい、申し訳ございませんが、何卒ご容赦ください。


また来年春以降に復帰する予定です。その際は、また新たな気持ちで仕事に取り組んで参りますので、改めてどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

季節柄、どうぞご自愛くださいませ。

無事故無違反チャレンジコンテスト経過報告

米島フエルト産業 業務部の安井です。


早いもので3月も残り僅かとなり、平成もあと1か月となりました。

4月からは新年度を迎え、また新たな気持ちで一年頑張っていきたいと思います。


さて、昨年10月より参加している無事故無違反チャレンジコンテストの期間もあと1週間となりました。


ここ数年大きな事故はないものの、数名の法令違反者がでており、コンテスト達成に至らずにいましたが、ただ、今回は現時点で全員が無事故無違反を継続しており、このまま無事故無違反を達成できるように最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。


4月になれば新入生や新入社員の方々が、日頃使い慣れない経路を使用する事が増えたり、最近では自転車を乗りながらスマートホンを使用したり、耳にイヤホンを付けて走行しているのをよく見かけ、事故発生の危険が身の周りにたくさんあります。


その様な場合でも、コンテスト期間中と同様に引き続き全員が安全運転に努め、また安全運転管理者である私も安全運転の重要性を発信していきたいと思います。

以上、宜しくお願い致します。

 

安全運転A

FAXのペーパーレス化 (その2)

こんにちは。経理総務部の敦賀です。

 

今年も始まったところ、と思っていましたが、早くも3月ですね。

今月末は私の誕生日です。

また無駄に年を取ることとなります。

暖かくなってきましたので、年に負けないようにしっかり体を動かそうかと思います。

 

昨年の9月にFAXのペーパーレス化について書かせて頂きました。

あの頃は、来年以降の話になるかなと半ばあきらめていました。

 

10月に入りふと、ブログに掲載したことを思い出し、このまま放置する訳にはいかないと思い、

関係者に11月から自社の発注書を紙に出さずに送信するようお願いしました。

 

当初期待していたコスト削減は勿論の事、複合機の前に行く必要がなくなり、業務改善に一役買うことが出来ました。

 

○ペーパーレス化
ペーパ―レス化s

次は最終目標である受信FAXの紙への印刷を止めることです。

現在の紙ベースの運用をどの様にしてPDFで対応していくかを考えていく必要があります。

 

当面は紙とPDFを併用しながら業務にあった運用を考えていきたいと思います。

今度こそは次回記載時までには運用できているよう頑張ります。

pageTop