加工技術

微細小型打ち抜き加工部品について

こんにちは電機資材課の青木です。4月になり、暖かく陽気で気持ちのよい季節になりました。ただ、花粉症である私にとっては、つらいの季節でもあります。残り1か月程度、我慢の日々が続きますが、がんばります!

 さて、電機資材課の商材である携帯電話・スマートフォン用部品は、非常に限られたスペースの中で部品設計されることが多々あります。弊社の最小加工部品のサイズは、2mmx1..3mm部品です。

加工部品1

スマートフォンに採用されているフィルター部品です。小さすぎて何かわからないですよね。

加工部品2

サイズ感はわかっていただけたかと思います。

次は、2x1.3の部品を画像測定機約60倍で取った画像です

加工部品3

部品の材料構成は、撥水メッシュと両面テープの複合品。
中の丸い影は、φ0.7mm程度となります。(この部分だけ、粘着テープがなく、メッシュだけの部分になり、通気性があります。)
この分については、外形寸法2mmx1.3mmについて±0.075で管理しております。
 

また、メッシュも撥水処理タイプなので、通常、両面テープは接着しにくいです。しかも、この部品はサイズが小さいため、必然的に粘着面積も少ない。悪い条件が重なっておりますが、撥水処理に対して良好なテープかつ粘着力も十分にあるテープを選定しており、ユーザー様では問題なくご使用していただいております。

今後、あらゆるものがインターネットにつながるIoT時代を迎え、社会基盤にもなる通信規格5Gも本格的に進んでいきます。スマフォや通信機器等に使用される部品に対する条件も更に厳しくなっていくと予想されます。微細小型部品の打ち抜き加工等で困りごとがございましたら、お声かけ下さい。
 

お問い合わせお待ちしております!!!

★ウレタンフォーム・発砲品抜き加工★

こんにちは、営業部産業資材課菊井です。

 

早速ですが、今回はウレタンフォーム、発砲品の抜き加工についてご紹介致します。

 

マーカーペンや文具製品、様々な機械の内資材として使用されているウレタンリングやウレタン加工品。

ウレタン発泡加工品_

弊社では多種多様なウレタンフォーム・発砲品の取り扱いをしており、型を制作しリング形状や変形状の打抜き加工をしておりますので、これが欲しい!!と思われた方は、遠慮なく御連絡下さい。

 

お待ちしております。

癖がすごい!!

商品管理部 北村です。

梅雨のシーズンがいよいよやって来ますね。
私の髪は癖毛なので、湿気が多い梅雨はクルクルになってヘアスタイルが決まらずに憂鬱です。

癖といえば、私たちが扱っているフェルトにも生じます。
今回はフェルトに発生する癖、巻き癖についてご紹介致します。
 
フェルトは取り扱いしやすいよう、このようにロール状に保管されています。


【フェルト生地】
フエルト原反s

巻き癖とはフェルトがロールとして巻きつけられることで、巻き取りの内側に癖がつき、生じます。


【巻き癖】
巻き癖s


硬度が高い、もしくは生地に厚みがあるほど発生しやすく、巻芯に近づくほど巻締まりが発生し、癖も強いものとなります。
 
この巻き癖、発生したまま加工を行うと、カット面が傾斜し,切り口の上下(巻き面の内外)の寸法が異なり、正確な寸法が出ません。ですので、巻き癖が発生するものに対しては、加工工程に必ず巻き癖除去を加えなければなりません。


【巻き癖除去後カット(左)/ 巻き癖無しでカット(右】
巻き癖除去後カット巻き癖無しでカット

巻き癖を除去する方法として、古典的ですが逆向きに巻き直す方法があります。 二人がかりで、手で反対に巻き取っていきます。そして逆巻きにして、「ある一定期間」放置します。


【巻き癖矯正開始時】                                    【巻き癖矯正中】
巻き癖矯正開始前s巻き癖矯正中s

この「ある一定期間」が季節や温度、またフェルトの素材、個体差により変化し、時間が短いと期待した効果が得られず、長いと逆向きに癖が付いてしまうので、経験が必要となります。 


【巻き癖矯正 前】

巻き癖矯正前s

【巻き癖矯正 後】
巻き癖矯正後s


お客様に満足した商品を届けるために、このように癖を矯正してカットし、お送りいたします(性質上、完全に除去することは難しいですが、なるべく除去することに注力いたします)。

 

また、厚みのあるものや硬度があるものに関しては、製造後、シート状で保管された癖がついていないフェルトも扱っているので、お問い合わせ下さい。

ゲンバ通信① ゲンバのモノ

商品管理部の北村です。

 

今回は日本の伝統技法ってすげー!って感じた、私の仕事道具について紹介します。

それはフエルトの抜き加工で使用する火造り型(金型)です。

 

型の種類については以前のブログで『型を使用した打ち抜き加工』でも紹介いたしましたが、この火造り型の製造が実に凄く、職人技だけでなく、日本の伝統工芸品『KATANA』の技術を踏襲する鋳造で作られている事に凄さを感じました。

 

【火造り型】                       【鋳造イメージ】
火造り型1鋳造イメージ1

現在、打ち抜き加工と言えば、CADで設計し、レーザー加工や自動刃曲げ機を使用して作成するトムソン型が主流で、火造り型と比べると短納期対応可能で安価、しかも複雑形状にも対応などの理由から弊社においてもトムソン型は試作から量産まで幅広く使用されており、火造り型は時代遅れ感があり、使用頻度は減少傾向にあります。

 

しかし、全く出番が無いわけでなく、こいつにしかできない事もあります。

 

それは硬い商材を刃の破損を無く、形状に商材を抜く事です。

 

加工対象が硬い商材になるとトムソン型の場合は刃と刃の継ぎ目が開いたり、刃が変形したり、最終的には型の破損となりますが、一方でこいつは少々の硬いもの加工しても、強くプレスしても、刃こぼれしているところや破損をしているところを見たことがありません。無敵です。

 

【火造り型】                                            【トムソン型】
火造り型2トムソン型1

火造り型には刃に耐久性があり、また継ぎ目がありませんので、硬い商材を加工しても刃が開かないので安定したサイズを保つことができ、型も長持ちします。しかも使用劣化があまりありませんので、長期的に視点ではコストパフォーマンスに優れていることもあります。

 

【何十年と闘い続ける勇士たち】
火造り型3

米島フエルト産業では、過去の様々加工実績の蓄積により、火造り型を数多く保有しております。

ごく一般的なリングや円形であればある程度、型の製作をせずとも対応は可能です。

ゴムやケブラーなどのスーパー繊維、引張強度や弾性率を持つ素材でトムソン型では抜くのが難しい素材でもこの火造り型で抜いて見せますので、お気軽にお問合わせ下さい。


ゲンバ男子 作業着を語る

商品管理部 北村です。

私たち商品管理部の仕事は、主にフェルト等の加工業務を行なっています。実務部門、作業が実際に行われている場、いわゆるゲンバ仕事です。そのゲンバに欠かせないものといえば作業着です。

 
 皆さん作業着といえば、油やペンキなどで汚れたイメージがあるかと思います。
 働く男!という感じで個人的にとてもカッコいいと思うのですが、米島フエルト産業のゲンバでは汚れた作業着はNGなのです。


 というのも、主な取り扱い材料が、作業着に汚れがついていたらその汚れが写ってしまう真っ白なフェルトだからです。  

現場男子_F現場男子_E

「作業着は汚れていい服であって、汚い服でない」


これが米島フエルト産業 ゲンバ 作業着の流儀です。

 

フェルトの白さをそのままお客様へと届けるため、今後も作業着の清潔さを意識し、真っ白なフェルトをお届けすることをお約束いたします。

前回の記事はこちらです
ゲンバ男子については、こちらをご覧ください

pageTop