Shinayaka Material

防水・止水用発泡体(スポンジ)について

こんにちは。電機資材課の青木です。8月も最終週となり、子どもたちの夏休みももうすぐ終了!真っ黒に部活焼けした体で長かった夏休みが終わることを、我が子どもたちは嘆き悲しんでおります。今年の夏の暑さは異常なほど暑く、熱中症対策として、水分補給は非常に大事なことだと改めて感じた夏です。
 さて、部活中の水分補給として、冷たい飲み物を入れる水筒には、主にシリコンゴムのパッキンが入っております。


写真:我が家の水筒キャップ

水筒キャップ1 水筒キャップ2
水筒キャップ3

写真にある青色のゴム部品が、液体が漏れないように止水用途で使用されております。

 

電機資材課の商材で防水テープを過去ご紹介いたしました。(こちらからご覧いただけます)

今回は防水、止水、密閉目的で使用されることのあるクッション/発泡体(スポンジ)の構造についてお話します。

 

発泡体は構造的に分けると主に独立気泡、連続気泡、両方存在する半独立・半連続気泡の3種に分かれます。

 

・独立気泡の発泡体

断面図イメージ図

独立気泡の断面イメージ図

気泡が独立しているため、水や空気の通り道がないため、防水、止水、密閉を保つことができます。

素材では、ゴム系<CREPDMNR・シリコン>やポリエチレン<PE>タイプも取り扱っております。

独立気泡の表面写真s

参考表面写真

・連続気泡の発泡体

断面イメージ図

連続気泡の断面イメージ図

気泡同士が繋がっており、水や空気の通り道があります。独立気泡発泡体より柔軟性があります。

防水や止水目的には適しておりません。


連続気泡の表面写真s

参考表面写真

 

・半独立・半連続状態で発泡させた高機能の発泡体

断面イメージ図

半独立・半連続発砲イメージ図

気泡が繋がっている部分と独立している部分が存在。

柔軟な素材で圧縮しやすく、優れた止水性や密閉性を可能としております。

半独立・半連続発砲表面写真s

参考表面写真

防水、止水、密閉目的の発泡体は、「独立気泡」と「半独立・半連続気泡」を使用します。発泡体は圧縮して使用。ご使用される箇所や使用方法(圧縮の程度や形状等)により選択する素材は違ってきます。

 
弊社加工参考部品:

加工製品1加工製品2

お客様の使用される目的、方法に合わせて、素材及び形状提案をさせていただきますので、是非ご相談下さい。

PTFE膜

電機資材課の吉永です。

朝のセミの声が、夏を感じさせますね。BBQと川遊びが恋しくなる季節です。

さて今回は、63日のブログで紹介させて頂きました、スピーカー用防水・撥水シートの中のPTFE膜に関しまして、もう少し詳しく説明させて頂きます。

PTFE(polytetrafluoroethyleneポリテトラフルオロエチレン)

PTFE2


特徴:水、異物はじき空気を通す

   防水性、撥水性、防塵性、耐薬品性、耐熱性(100260)、耐候性、高強度

用途:

・各種センサー(空気センサー等)

・自動車(ヘッドランプ、ECU、インバーター等)

・スマートフォン(スピーカー等)

・家電(ムービー、シェーバー、電動歯ブラシ、お風呂リモコン等)

・電線(絶縁)

・ろ過フィルター(半導体、液晶製造用等)

・電池(セパレータ)

・医療(点滴用器具、採尿バック等)

各種用途に応じまして、PTFE膜の種類選定からご提案を行わせて頂きます。

ご用命お待ちしております。


素材の貼り合わせについて

こんにちは電機資材課の青木です。もうすぐ7月! 夏はどのように過ごそうか考え中です。猛暑なのか冷夏なのか。。。天気予報を事前に確認し、出かける時は熱中症対策することが大事だなとここ数年感じております。
 さて、電機資材課の商材では、前回紹介しました小型フィルター部品は、メッシュとテープを貼り合わせし、打ち抜き加工した部品です。弊社では、いろんな素材を貼り合わせし加工する部品が多く、その貼り合わせついて、今回はお話します。


主な貼り合わせ素材は、弊社では両面テープを使用しております。この両面テープは一般的に感圧式と言われ、貼る合わせ時に十分な圧力をかける必要があります。


貼り合せ1

感圧式とは別の方法で貼り合わせするタイプは感熱式と言われ、熱を加えて接着させる方法です。

貼り合せ2


感圧式の両面テープについては、厚手タイプから極薄タイプまでいろんなタイプを使用しております。

厚いものでは1mm程度のもの、薄いものでは0.009mmのものがあります。

また、感熱式タイプについては、熱ラミノート等を利用して極薄のアルミと硬質発泡体の複層品を販売しております。

 

参考例(スマートフォン用スピーカー振動板部品)
貼り合わせ3

この部品の感熱式タイプはエポキシを使用しており、熱硬化タイプとなります。感熱式は、熱硬化と熱可塑タイプがあり、熱硬化タイプは一度熱で硬化してしまうと再度熱を掛けても接着層は柔らかくなりません。一方、熱可塑タイプは熱を付加し貼り合わせ、常温に戻った後、再び熱がかかると接着層は柔らかくなります。感圧式(両面テープ)、感熱式(熱硬化・熱可塑タイプ)など各用途にあった貼り合わせ材の選定も重要になります。

 ひとつの素材実現することができなかったことも複合化することで、各素材の利点を生かすことができます。弊社貼り合わせ技術で、何かお役に立てることがあるかも知れません。
お気軽にご相談下さい。

スピーカー用防水・撥水シート

初めまして、41日に入社しました。電機資材課の吉永と申します。
ピチピチの新入社員かな?と想像されたかと思いますが、実は、結構なおじさんです
SMAPくらいです。。(*^_^*))
これから何卒宜しくお願い申し上げます!!


さて早速ですが、今回は、スピーカー用の防水・撥水シートをご紹介させて頂きます。
 

身の回りの色々な箇所にスピーカーは存在すると思います。

今私の机の周りを見ても、スマートフォン、タブレット、パソコン、電話機、時計、警報機等々

たくさんスピーカーが内蔵されています。

 

それらに防水、撥水が必要な場合に下記の商品をご紹介させて頂きます。
sheet2

※防水・撥水が必要なご使用環境に合わせて各種タイプをご提案させて頂きます。

※シートの打ち抜き、防水両面テープ貼り合わせ加工等も行います。

低エネルギー被着体(PP&PE)への接着力比較

こんにちは電機資材課の青木です。
今年もすでに1か月が過ぎ、節分の日のごはんは、今年の恵方である東北東に向いて
、願い事を思い浮かべながら巻きずしを丸かぶり!

言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願いが叶うとも言われていますが、我が家では、この無言状態がおかしくもあり、笑いをこらえながら食べるの一苦労でした。来年も同じように元気で巻きずしが丸かぶりできるよう頑張ります!!!(気が早い)

さて、以前PP(ポリプロピレン)PE(ポリエチレン)は表面エネルギーが低いため、一般的な粘着剤が着きにくい被着体であることをお話しました。
(こちらからご覧いただけます)

PP&PE等の表面エネルギーの低い被着体に接着し、ユーザー様の各条件(厚み、色、寸法安定性等)に合うものを選定しやすくするために、現在、約10種類のテープの接着力の比較データ取得に取り組んでおります。

被着体(PP_PE)
(取り掛かり試験試料)

サンプルの種類が多く、時間が掛かりますが、きっと材料選定の役に立つと考えております。結果が出ましたら、報告させていただきます。

pageTop