商品管理部の梅田です。

今回は、弊社加工技術の一つバーチカル裁断機について紹介します。

まず、バーチカル裁断機とは「物を垂直に裁断する機械」という意味があります。

 

バーチカル裁断機の外観写真です。

バーチカル

最大2,000mmW  X  2,000mmLのサイズ加工ができる特徴があるので、
多様なサイズ加工の
ご要望にもお応えできるメリットがあります。

 

次に、裁断機で加工する際に用いている刃です。

刃厚0.5mmで円状のバンドナイフを使用しています。

こちらのナイフを高速回転させ研磨することによって様々な素材を加工しています。

ハンドナイフ

さて、先に述べた通り大きな裁断機なのですが、実は細かなサイズ加工もできます。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、
ミリ単位の加工もできる特徴もあります。

 バーチカル目盛

 

このバーチカル裁断機を使って、多種多様なサイズ加工を行っています。

加工サイズ等お困りな際は、ぜひ、一度お問い合わせください。