業務部の安井です。


今回は
202241日より実施される運転前後のアルコールチェックの義務化についてとなります。


当改正案は
20216月に千葉県八街市で小学校5名が白ナンバーの大型トラックにはねられ死傷した事故を受けての改正で、既に緑ナンバーのトラックやタクシーなどで義務化されております。


改正内容は、白ナンバーの自動車を使用する使用者に安全運転管理者によるアルコールチェックと記録保存が義務化されます。ただ、
202111月に改正の内閣府令が公布された事で、実施までの期間が短く、またアルコールチェッカーの品薄による準備不足が懸念され、20224月に目視による確認と確認記録から実施し、202210月にはアルコール検知器の常備と検知器を用いた確認、検知記録の1年保存と段階的に改正が行われる事となりました。


対象となるのは、『安全運転管理者選任事業所』で、乗用車なら
5台以上、定員11名以上の車両なら1台以上保有している事業所が対象である事から、弊社も該当するので、現在準備を進めております。


当然のことながら、弊社では特に飲酒運転については『飲酒運転をしない・させない』を日頃より全社員で徹底しておりますが、今回の改正を受け、悲惨な事故が起きない様に、会社全体でより一層気を引き締めて参りたいと思います。

STOP飲酒運転ss