久々にブログの順番が回ってきました。業務部の澤渡です。


弊社は国内販売のみならず海外への販売も多く、本日は輸出入貨物の運賃計算の基になる重量について紹介いたします。

国際間物流の方法として、空路、海路、陸路がありますが、本日は空路(航空貨物)の重量計算に絞って説明いたします。

イラスト1s

航空貨物の場合、運賃計算は、運賃単価X重量㎏=運賃という計算式になります。


運賃単価は、貨物1㎏あたりの単価ですね。では、重量㎏はどのように求められるのでしょうか?


実は、貨物の重量には実重量と容積重量があります。

実重量は、貨物の実際の重量。つまり、中身の製品と梱包資材(段ボールや固定材、緩衝材など)を合わせたすべての重量です。


では、容積重量とは何でしょう?


説明のため、極端な例で比較すると、1トンの鉄と1トンの綿花では容積が全く違います。

ところが、航空機(や船など)の輸送機器は、貨物を載せるスペースが限られています。

もし、1トンの鉄と1トンの綿花を同じ運賃だとすると、航空会社はスペースがたくさん必要な綿花を運ぶことを嫌がります。

それは、嵩(かさ)のはる綿花を運ぶために、他の貨物を運べる量が減ってしまうからです。


そこで容積重量の出番です。

容積重量とは貨物の大きさを重さに変換した重量のことです。


つまり、嵩のはる綿花などを適正運賃で運ぶための変換で、6,000cm3 = 1kg とし、

体積(cm3÷ 6,000 = 容積重量(kg)という計算式が使われています。

0534-free-illust-ms

では、実重量と容積重量が違った場合、どちらの重量を使って運賃計算をするのか?


それは、実重量と容積重量を比較して重たいほうを使います。

それを、運賃適用重量(Chargeable Weight)と言います。


例をあげると、

・貨物の実重量:50kg

・貨物サイズ: 110cm() × 90cm() × 50cm(高さ) = 貨物の体積 495,0003

の場合、495,000(体積cm3) ÷ 6,000 = 82.5kg(容積重量)

実重量が50kg, 容積重量が82.5kgなので、運賃適用重量(Chargeable Weight)は容積重量の82.5kgとなり、運賃は、運賃単価 X 82.5㎏となります。


最後に、ちょっとした雑学ですが、フォワーダー(Forwarder:貨物利用運送事業者)では容積重量計算に6,000を係数として使うのに対し、クーリエ(Courier:いわゆる国際宅急便)では5,000を係数に使うことが多いようです。

pla0085-133s

では、またお会いしましょう。