こんにちは!研究開発部の中川です。


今回は強度と比強度についてご説明しようと思います。

まず、「強度」とは何でしょうか?

よく勘違いされるのが 強度=硬さ です。

決して間違いではないのですが、硬さって定義がたくさんありすぎて一概には「硬さ」は定義できないんです。


硬さには表面の傷つきにくさ、壊れにくさ、変形しにくさと色々あります。

ダイヤモンドは世界一硬いと言われますが、鉄製のハンマーでも砕けます。

これは「硬さ」の定義がダイヤモンドは「傷つきにくさ」で定義されているからなのです。


では、強度とは何かといいますと「壊れにくさ」です。

物質に一定の荷重を与えていき、破壊するまでの力を見たものが「強度」となります。

※もちろん、ダイヤモンドはものすごく強いです。


次に「比強度」とは何かですが、強度を密度で割ったものがこれに当たります。

つまり、密度に3倍差があって強度が同じ場合は1/3まで薄くできると言うことです。

軽くて強い材料を選ぶ場合はこの「比強度」を基準に探せば良いと思います。

SUS30463.1、アルミニウム:222CFRP785


では、今回はこの辺で。


強度グラフ