こんにちは!研究開発部の中川です。

今回はCFRPの種類についてご説明したいと思います。
 

CFRPとはCarbon Fiber Reinforced Plasticsの略となっており、「炭素繊維強化樹脂」となります。

使用する樹脂は大きく2種類ありまして、熱硬化性樹脂すなわち加熱して固まる接着剤をベースとしたものと、熱可塑性樹脂すなわち加熱すると柔らかくなる接着剤(一般的なプラスチック)をベースとしたものがあります。区別のために前者はCFRP、後者はCFRTPと呼ばれます。
CFRTPTThermoの略称)


また、使用している炭素繊維自体も
PAN系」「ピッチ系」2種類があります。

一般的に「CFRP」と呼ばれるものは大抵がPAN系繊維を用いており、強度部材などに用いられています。(PAN系繊維はアクリル繊維を原料とした炭素繊維)


ピッチ系繊維の特徴としては高弾性率と言われており、ゴルフのシャフトやロボットのアームなどに向いていると言われています。(ピッチ系繊維はコールタールピッチを原料とした繊維)


これらのことからわかるように、
CFRPは「繊維の種類」と「接着剤の種類」の組み合わせから始まり、「繊維の折り方」「繊維の本数」「接着剤の量」まで膨大な種類の組み合わせ検討の上、最適な条件を導き出して作り出されています。


では、今回はこの辺で。

炭素繊維・SEMs

炭素繊維断面写真

※炭素繊維協会HPより引用