業務部の安井です。

今年の冬は例年になく暖かい日が多くので過ごしやすいですね。

ただ半面、雪不足でスキー場に雪が無かったり、この時期に梅やタンポポといった春の花がすでに開花しているニュースを見ると気候的にちょっと異様に感じますし、季節感が失われていく感じでさみしく思います。

やっぱり冬は寒くなくてはと言ったところでしょうか。

さて、今回は冬場の運転についてです。

車を運転する上で一番気を遣う季節と言えば冬になるのではないでしょうか。

気温が低い日は道路や橋が凍結したり、雪が積もったりと他の季節には無い危険がたくさん発生します。

最近では性能的に優れたスタッドレスタイヤが販売されていますが、いいタイヤを装備しているからと言って安全では無く、最終的にはドライバーの安全に対する意識が一番重要になってきます。

特に冬場の運転では『急発進』・『急ハンドル』・『急ブレーキ』この3点をしないことを意識する事が安全運転につながります。
冬場の運転ss

弊社でもスタッドレスタイヤ装備車で積雪地帯の方面に営業活動で出向く機会がしばしばありますが、その際には『急発進』・『急ハンドル』・『急ブレーキ』をしないよう心がけて運転するように注意喚起を行っており、これからも安全運転に努めていきたいと思います。