こんにちは、電機資材課の青木です。今年も残すところ2か月ほどになりました。時が経つのが年々早く感じる年齢になっておりますが、体調管理も今まで以上に気をつけたいと考えております。

 

さて、以前PP(ポリプロピレン)PE(ポリエチレン)は表面エネルギーが低いため、一般的な粘着剤が着きにくい被着体であることをお話しました。 (こちらからご覧いただけます)

表面エネルギーの低いPPに対して10種類のテープの接着力の比較データを取得しましたので報告致します!

abc
(試験試料)

 

試験内容:

試験目的:PP(ポリプロピレン)被着体として、以下の条件下で両面テープ10種の接着力を測定、比較する。
*専用テープ(PP接着良好テープ)
*通常テープ(各両面テープメーカーの粘着力の強いタイプ)
*各テープの厚みは表に記載

 


試験条件

(長さ200mmX20mm、裏打ち材PET#25μ)貼り合わせ。試験板:PP

貼り合わせ方法:2kgローラで2往復貼り合わせ。

貼り合わせ後、室温にて24時間養生。

180°剥離試験

引張速度 300mm/

試験板から引きはがされた50mmの長さの接着力の平均値

IMG_2173s

測定データ

キャプチャ

*厚みが必要な用途では、1.141.2mmの厚みで測定。薄さが必要な用途では、0.10.14の厚みで測定

 

お客様の用途や使用方法よっては、専用テープが必要な場合もありますし、粘着力が強い通常テープでも使用できる可能性があります。まずは、用途と使用方法をご相談下さい。適切な製品を提案させていただきます。