こんにちは。経理総務部の南野です。

 

消費税の8%から10%への引き上げは過去2回延期されましたが、いよいよ来年101日には実施される模様となりました。

消費の回復が本格的でない状況での増税はなかなか消費者には厳しいものですが、政府も来年を逃すともう時期がないというところでしょうか。

我々の会社としても、今後会計ソフトの変更や経理処理の準備等であわただしくなりそうです。


さて今回の増税ですが、特徴としては、税率の引き上げだけではなく、軽減税率制度の実施が行われる点にあります。

税務署の方も軽減税率制度の周知に力を入れているようで、各地で税務説明会を開いており、私も先日参加してきました。

軽減税率の対象は「酒類や外食を除く飲食料品」や「週2回以上発行で定期購読される新聞」(下図参照)ということですが、新聞はさておき、「酒類・外食を除く飲食料品」とは、具体的に説明すると、かなりややこしいです。


軽減税率s


つまり、飲食料品は大体8%ですが、酒・外食・ケータリング・一体商品は10%となり、

例えばコーヒーショップに行って、店内でコーヒーを飲むと10%、テイクウトすると8%で

なんだか変な感じがしますね。

その他、屋台での飲食料品の販売の場合、椅子などの飲食設備がある場合は10%、飲食設備がなければ8%、列車内の飲食物の場合、食堂車で食べれば10%、移動ワゴンで購入すれば8%・・・

と 判断の難しい事例はかなりありそうです。

 

よく話題になるコンビニの食品については軽減税率適応になるようですが、条件としては、休憩所に「店内飲食禁止」の明示が必要とのこと。ということは、「店内飲食禁止」の明示を忘れたコンビニでは同じものでも10%になるのでしょうか(笑)。

来年10月に大混乱がおこらないことを祈るばかりです。