産業資材課の長尾です。

 

まず不織布とは、書いて字のごとく「織らない布」、織り編みの手法をとらず繊維集合体から直接製造した布になります。

不織布の素材にはコットンや麻、ウールなどの天然繊維をはじめ合成繊維 再生繊維

さらには紙の原料であるパルプなどあらゆるものが使用されます。

 

用途では、生活のあらゆる箇所に使用されていますが、ひとつの製品のパーツや基材として使われることが多いため、なかなか目につきません。

例えば、衣類用の肩パッドや芯地 テープ類、紙おむつや湿布剤、マスクにガーゼなどの衛生・医療分野に、土壌安定剤の土木建築分野、電気絶縁材、電池セパレーターや自動車内装材、フィルタ類など電機・産業資材分野と幅広く活用され私たちの生活を支えてくれる素材です。

不織布用途例

特徴としては薄い不織布でも、多孔質(ポーラス)の繊維集合体であり、空隙のコントロールが出来、生産性も高く複合化技術の応用により機能性付与・多種多様な製品が製造出来ます。

 

製造方法も様々で、接着剤を用いるケミカルボンド、低融点繊維を熱融着させるサーマルボンド、解繊パルプを嵩高に成形するエアレイド、ニードル()を突き刺し繊維を成形するニードルパンチ、原料チップを加熱、熔融しノズルから押し出し紡糸成形するスパンボンド等、製法によりバリエーション豊富な特徴を待たせることが出来ます。

 

様々な用途、分野で使用されている不織布、今回は不織布について簡単な説明となりますが、次回以降製造による特徴等ご説明させて頂ければと思います。