こんにちは、営業部電機資材課の佐々木です。

18cm x 4.2cm x 厚さ12cm これは何のサイズだと思われますか…?

 

実は、1987年に初めて市場に出た「携帯電話」TZ-802B型のサイズなのです。重さは900g程あったそうです。

それから30年、世界で最も薄いと言われる中国のスマホCoolpad ivvi K1 miniの厚みは4.7mm(0.47cm)、何と1/25です。技術の進歩に驚きますね~

話しは逸れますが、それまで最薄とされた同じく中国のVivo X5 Max4.75mmでしたので、もう無理やり0.05mm削ったのではと思ってしまいます。(笑)

 

このように、進化を続けるスマホです。当然ながら部品を開発する我々への要求も厳しいのですが、
出来ました!
厚さ約0.1mm100μの薄型複合材振動板が…。

 

これが断面です。↓

中央の白いコア材と上下のアルミの層が判りますでしょうか?

薄型振動板_断面比較 薄型振動板_断面図示

振動板は、普段は目にすることがないスピーカーのニッチな部品ですが、当社はそのわずかな厚みの中に知恵と汗と熱意を注ぎ続けています。加工技術に素材の研究、もっともっと頑張りますね…!
http://www.yoneshima.co.jp/products/detail/014