米島フエルト産業 業務部の安井です。

 

 今回は加工紹介とは異なり、営業倉庫のご紹介です。

何故に営業倉庫?と思われますが、理由は後ほどご説明させて頂きます。

 

弊社では自社倉庫以外にも契約をさせて頂いている営業倉庫があり、立地としては弊社より車で約30分程度の東大阪市にあるため、営業日の午前中には必ず立ち寄り、必要な材料をトラックに載せて自社へ持ち帰り加工を行うのが、日常業務のサイクルとしております。

 

倉庫へは基本的に商品管理部の新人が担当する事になっており、私も入社したばかりの頃は慣れないトラックであの有名な東大阪市の工場群を走行し、やっとの思いで辿りついたと思ったら、今度は営業倉庫で自分の背丈以上に高いフェルトの原反や時には自分の体重以上に重たいフエルトなど冬場でも汗だくになりながらトラックの荷台へ積み込みした楽しい(?)思い出があります。

 

さて、本題ですが 今回営業倉庫の話題をさせて頂いたのは、弊社では自社倉庫だけでなく営業倉庫にも羊毛フエルトやニードルフエルトなど数多くのフエルトを在庫として保管をしております。その中でもニッケフエルトはグレードと厚みの両方で多くの種類を在庫し、管理のもと在庫切れが無いように定期発注していると言う強みが弊社にあることをご紹介したくこの話題とさせて頂きました。

ニッケフエルト ニッケフエルト_2

では、なぜ営業倉庫に在庫していることが、強みになるのか?原反については、営業倉庫からも発送が可能で、午前中のご注文で当日の出荷にも対応しておりますが、それ以外にも在庫があれば午前中はもちろん午後からでも距離的に材料を引き取りに行くことが可能で、また、弊社では商品管理部で自社加工をしている事から、お客様のご要望に応じた納期で対応できる体制があるからとなります。

 

弊社ではいま流行の某ネットショッピングを見習い、一日でも早く、お客様のところに商品をお届けすべく、少人数だからこそできる小回りの利いた対応を行って参りますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

宜しくお願いします!