スーパー繊維を使用した耐熱フェルトのご紹介

米島フエルト産業 産業資材部 乘本(ノリモト)と申します。

 

早速ですが、皆さんはフエルトとはどういう物を想像されますか?

 

多くの方が手芸用のフエルトであったり、習字の下敷きや、お寺や神社・和風家屋の座敷や廊下・お茶席・式場などで使用される毛氈(もうせん)の事を羊毛フエルトと思い浮かぶのではないでしょうか?

やはり弊社でも取り扱いが一番多いのは羊毛プレスフエルトになりますので、フエルトと言えば羊毛フエルトが代表的となります。

 

ただ、弊社は取り扱っているフエルトは羊毛プレスフエルトだけでは無いんです。

実は下の写真の様なものもフエルトとして弊社では取り扱ってます。

耐熱フエルト

では、このようなフエルトは何かと言うと、それは耐熱フエルトと言うフエルトになります。

『熱に耐えるフエルト』と言うことで主に使用される場所はアルミ押出工場や製鉄の鉄鋼工場の高温下となる場所が多く、用途は製造された約200℃~500℃近い温度のアルミや鉄鋼を傷付けずに運搬する製造ラインのローラー・ベルト・シート等で役割を果たしております。

 (ローラー)                  (ベルト)                   (シート)
耐熱フエルト(ローラー)耐熱フエルト(ベルト)耐熱フエルト(シート)

耐熱フエルトと羊毛プレスフエルトとの違いは、羊毛プレスフエルトは原材料の羊毛を蒸気をあてて圧縮して製造するのに対して、耐熱フエルトは耐熱性や耐薬品性・耐摩耗性など複数の特性を同時に持つスーパー繊維という化学繊維を原材料としてニードル(針)で打ち固めて耐熱フエルトを製造されますので、原材料と製造方法が違いとなります。

 

さらには、耐熱フエルトは耐熱温度も羊毛フエルトが約100℃程度に対して、耐熱フエルトは約220℃~となりますので過酷温度下でも使用ができ、お客様の設備に合わせたサイズで製造も可能で、エンドレス加工や縫製加工など特殊な加工にも対応しているのも特徴となります。

 

スーパー繊維については特に明確な定義はありませんが、『高機能・高性能を持った化学繊維』の事を一般的にスーパー繊維として呼ばれ、そのスーパー繊維を使用した耐熱フエルトはご使用となる製品温度や場所によって原材料とする繊維の種類を変更する事によって、フエルトの耐熱温度をアップさせたり、強度や耐摩耗性を強くしたりなど調整が可能となります。

 

各スーパー繊維の持つ特性については次回以降にご紹介をさせて頂きますが、耐熱性だけでは無く、耐衝撃性や耐薬品性など他方面でも様々な特性を持ち合わせておりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。


宜しくお願いします!
(耐熱フェルトについて詳しくはこちらのページへ)


粘着

社長の米島(ヨネシマ)と申します。

Shinayaka Materialを何らかの部品に組み付ける場合
粘着剤が塗布されていれば、ステッカーのように簡単に貼り合わせできて便利です。
弊社は「フエルト」と社名についていますが、扱う材料に粘着をつけてほしいというニーズの多さから、この「粘着」も弊社の主力商材の一つとなっています。

材料を作る側からしますと、シートまたはロール状の材料に粘着を塗布するのは、製造工程の都合上、その量によってコストは大きく異なります。
大量であれば材料への直接、粘着剤を塗布する方法が単位面積あたりのコストは安くなりますが、
少量であればいわゆる「両面テープ」を貼り合わせする方が多くの種類から選べ、工数も少なく、トータルコストでも安い場合がございます。
スマートフォンやゲーム機など、小型であるがゆえに小さな面積での貼り合わせや、貼り合わせるだけでなく、クッション機能や防水機能が求められる場合であっても、その機能に応じて多くの種類の両面テープから選んで頂くことができます。

あまり世間一般で注目されませんが、日本には様々な機能性両面テープを生産する世界的に優れたメーカーが数多くありその豊富さから両面テープ大国と言っても良いかもしれません。
液晶テレビ、デジカメ、ゲーム機、携帯電話など現代の電子製品の技術が日本で発達した理由の一つとも言われています。
今後このブログ上にて参考となる事例を紹介して行きたいと思います。

中芯(ファイバーロッド)

産業資材部の長尾です。
 

今回はまず、下の画像をご覧いただけますでしょうか。

この画像、いったい何かおわかりでしょうか。


ファイバーロッド(1) ファイバーロッド(2) ファイバーロッド

そうです、これも中芯(ファイバーロッド)なのです!!

(断面画像になります。)

 

前回お話ししましたように、元々は中綿として文具マーカーのインク吸収体として活躍していましたが、吸収性能の特徴を生かし現在は様々な用途でご使用いただいており、形状への技術も日々勉強させて頂いております。 

 

そして用途では、芳香剤(ディフューザー)等の吸上げ芯や揮散(含浸タイプ等)として多くご採用頂いており、最近ではフィルター用途での検討にも提案させて頂いております。
揮散吸上げ    フィルター

また、用途が変われば求められる性能も違うことが多いので、

弊社で取扱う中芯(ファイバーロッド)はポリオレフィン系繊維、PET繊維等をはじめ、用途に応じ配合の調整や、目付等の調整対応が可能です。

もちろん、形状もご希望される性能の一つですので、いろいろとトライさせて頂ければ幸いです。
今後とも宜しくお願い致します。

中芯_芳香剤ファイバーロット
 

pageTop