バーチカル裁断機の構造および特徴についてのご紹介

商品管理部の梅田です。

今回は、弊社加工技術の一つバーチカル裁断機について紹介します。

まず、バーチカル裁断機とは「物を垂直に裁断する機械」という意味があります。

 

バーチカル裁断機の外観写真です。

バーチカル

最大2,000mmW  X  2,000mmLのサイズ加工ができる特徴があるので、
多様なサイズ加工の
ご要望にもお応えできるメリットがあります。

 

次に、裁断機で加工する際に用いている刃です。

刃厚0.5mmで円状のバンドナイフを使用しています。

こちらのナイフを高速回転させ研磨することによって様々な素材を加工しています。

ハンドナイフ

さて、先に述べた通り大きな裁断機なのですが、実は細かなサイズ加工もできます。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、
ミリ単位の加工もできる特徴もあります。

 バーチカル目盛

 

このバーチカル裁断機を使って、多種多様なサイズ加工を行っています。

加工サイズ等お困りな際は、ぜひ、一度お問い合わせください。
 

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

 

本年も社員一同、

 

Shinayaka Material

 

で社会に貢献できるよう努めてまいりますので、

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

本日15日より営業を開始しております。

このブログは昨年末より始まったばかりではありますが、

ものづくりにおける問題解決のヒントにして頂けるような内容を

目指しておりますので、ご愛読頂けましたら幸いです。

 

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

 

 

代表取締役社長 米島智哉


年末年始休業のお知らせ

経理部の南野と申します。


年末恒例の今年の漢字もオリンピックイヤーということで「金」に決まり、
いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。


弊社では今年からブログを始めさせていただきましたが、今後も我社の手掛ける数々の商品
Shinayaka Material(しなやかマテリアル)」で、あらゆるものづくりにおける
「しなやか」なつなぎ役として、皆様のお役に立つ話題を提供させていただきたいと思います。


さて弊社は下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。


2016
1229日(木)~201714日(水)


新年は15()より通常営業を開始いたします。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。


本年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。

皆様のご多幸をお祈りいたします。
 

shinayaka material

米島フエルト産業株式会社

pageTop