強度と比強度について

こんにちは!研究開発部の中川です。


今回は強度と比強度についてご説明しようと思います。

まず、「強度」とは何でしょうか?

よく勘違いされるのが 強度=硬さ です。

決して間違いではないのですが、硬さって定義がたくさんありすぎて一概には「硬さ」は定義できないんです。


硬さには表面の傷つきにくさ、壊れにくさ、変形しにくさと色々あります。

ダイヤモンドは世界一硬いと言われますが、鉄製のハンマーでも砕けます。

これは「硬さ」の定義がダイヤモンドは「傷つきにくさ」で定義されているからなのです。


では、強度とは何かといいますと「壊れにくさ」です。

物質に一定の荷重を与えていき、破壊するまでの力を見たものが「強度」となります。

※もちろん、ダイヤモンドはものすごく強いです。


次に「比強度」とは何かですが、強度を密度で割ったものがこれに当たります。

つまり、密度に3倍差があって強度が同じ場合は1/3まで薄くできると言うことです。

軽くて強い材料を選ぶ場合はこの「比強度」を基準に探せば良いと思います。

SUS30463.1、アルミニウム:222CFRP785


では、今回はこの辺で。


強度グラフ

新型コロナウィルス感染防止への取組みについて

業務部の佐々木と申します。

厳しい残暑が続いていますね、熱中症など体調には十分お気を付け下さいね。

さて、新型コロナウィルスの脅威は夏場になっても衰えず、経済との両立が社会的課題になっています。

今回は弊社の新型コロナウィルス感染防止への取組みについてご紹介させて頂きます。

現在弊社では次のような対策を行っています。


    
玄関及び各階入り口へ消毒液を設置

     社員用のうがい薬と紙コップを設置

     全社員へマスクと消毒液を配布(4月より複数回実施)

     社内打合せ、会議時のマスク着用

     ドアや窓を開放することによる換気の徹底

     時差出勤の実施(該当部署)

     テレワークの実施(該当部署)

     社内外とのオンラインミーティングの実施

     社員の事務机間に透明パーテーションを設置

     会議室に透明パーテーションを設置

     ドアノブ、スイッチなど手に触れる箇所を社員当番制により一日3回消毒

     来客時にお出しするお茶をペットボトルへ変更(コップの共用を中止)

     炊事場へのペーパータオル設置(タオルなどの共用を防ぐ)

     体調不良時の行動指針の策定


その他、手洗いうがいの励行、各自治体による感染防止ガイドラインの順守など、各社員がアイデアを持ち寄り感染防止に努めると共に、お取引先様への影響を最小限に留め業務を円滑に進めるよう尽力して参ります。

今後とも皆様のご理解とご協力を賜れますようどうぞ宜しくお願い申し上げます。

partition12_4window_4
IMG_1253_4IMG_1251_4

耐炎断熱繊維

電機資材課の吉永です。

今回は、耐炎断熱繊維をご紹介させて頂きます。

耐熱繊維s

■一般的に販売されています耐炎繊維は、燃えない事をアピールポイントして販売されていますが、

 弊社では、裏面の断熱性(どれだけ裏側に熱を伝えないか)に着目して試験を行っております。

test1

report1

■用途展開

・溶接スパッタシート、自動車の断熱、吸音、振動防止、耐熱衝撃吸収、焚火シート他

 
耐炎、耐熱、断熱等の際には、是非お引き合いをお願い致します。


pageTop