仕事とは。

こんにちは。業務部、照本です。


業務部とは一般で言う営業事務です。

営業部員のサポート的存在です。長年事務をしていますが、いろいろあります。

営業部員によって、性格等、様々です。ですが、仕事としてはやりがいはあります。

仕事の流れとして、基本が大事です。基本ができていないと、すべてが中途半端になります。

私も最初は、初心者です。先輩たちの指導のもと、今の自分があります。

あきらめず、粘り強く、些細なことでもやり遂げること、これが大事です。

継続は力なりと言いますが、本当にその通りだと思います。

小さな気づきが大事です。これからも、初心を忘れずに頑張ります。


気持ちも沈みがちですが、せめて机の上はきれいにして、
1日を始めたいと思う今日この頃です。


イラストs

WINDOWS アラーム(タスクスケジューラ)機能の活用

こんにちは、業務部の仲田です。

私は受発注を担当しています。日によっては注文が立て続けに入り、息つく暇もなく処理をしないといけない時があります。

忙しくてバタバタしている時、ついつい時間を忘れてしまうことってありませんか。

“ついうっかり”を予防する為に、私はWINDOWS10に標準装備されているアラーム&クロックアプリのアラーム機能を活用しています。


■アラームとは

日・時間を設定すると、アラーム音とポップアップ表示でお知らせしてくれる機能です。(毎週決まった曜日の決まった時間という設定もできます)

アラーム&クロック
↑設定した時間になると、このようなポップアップ画面があらわれます。

【設定方法】

WINDOWSの検索窓で「アラーム」を入力⇒「クロック&アラーム」のアプリが候補に表示されるので、選択するとアプリが開きます。

アラームのタブをクリック⇒アラームの追加をクリックすると以下の設定画面が表示されます。

アラームの編集

各項目を設定して保存すれば、設定完了です。


私は事務所の
PCで使用しているので、消音設定にしてポップアップ画面で確認しています。もうこんな時間かと驚くことも多く、お知らせしてくれて助かっています。

決まった時間までにしないといけない処理がある時、ご活用ください。

(アラーム機能が有効なのはPCが立ち上がっている時だけです、ご注意ください)


WINDOWS8.1以前のバージョンをお使いの場合

今回紹介した「アラーム&クロック」アプリですが、WINDOWS10より標準装備されたものになります。

WINDOWS8.1以前のOSをお使いの場合は「タスクスケジューラ」を使うことで代用できます。


「タスクスケジューラ」とは、指定した日時に指定したプログラムを実行する機能です。

例えば、やることを書いたエクセルファイルを指定した日時に表示させることで、アラームの代用ができます。


【設定方法】

・やることを書いたエクセルファイルを用意します。

WINDOWSの検索窓で「タスクスケジューラ」を検索して、アプリを起動します。

[操作][基本タスクの作成]を選択→[基本タスクの作成ウィザード]が起動します。

・表示する日時を設定→プログラムの表示を選択→作成したエクセルファイルを指定→完了

 

試しに月~金の15:00に「売上処理依頼締め時間.xlsx」を表示させるように設定すると1500になるとPCの画面いっぱいにエクセルが開き「売上処理依頼締め時間」が表示されました。

URIAGESYORI


「タスクスケジューラ」は決まった時間に決まった仕事がある方に広く活用していただける機能なのでオススメです。


では、季節の変わり目になりますので、皆様ご自愛下さいね。


アフターコロナで海外ビジネス往来が変化する?

こんにちは。専務の岡です。

当社の中国子会社の青島三昌精密加工は2001年創立し今年で20年目に入りました。

同社では日々“Shinayaka Material”のラミネート、プレス、カット加工を中心に様々な部品生産に取り組んでおります。

qsp1m

コロナ禍までは毎月訪問し、事務的な処理や決済、工場でのものつくりの面白さを実感してきました。

が、コロナで状況は一変!出張もままならず、現地社員だけの運営体制で早1年半が経過しました。

コロナ禍初期は色々な混乱がありましたが、早急に正常化に戻すことができ、(偏に現地社員の熱意の賜物!) 現在まで1人の感染者を出すこともなく元気に運営しております。

qsp2m

現在ではスマホで現地銀行の支払い決済、資金移動、Wechat, Zoom, Teamsなどオンラインでのやり取りが当たり前となり、設備不調や生産不具合のトラブル対応等も時間はかかるもののビデオ通話で解決できるまでに整備されました。(先日は設備&現地代表と2日間で10時間のビデオ通話…)

 

コロナ禍により世界中で色々な事が急激に大きく変化しました。

当社も中国子会社と長らくオンラインでやり取りし、相当な事までできたのは意外でした。

コロナ収束後、海外へ自由に往来できる日が来ても、海外ビジネス往来のあり方も変化あるかもしれませんね。


pageTop