両面テープの粘着(接着)力の比較ついて

こんにちは電機資材課の青木です。今週末から小学生の子どもも夏休みに入ります。
1か月半の休みなんて羨ましい限りですが、小学生最後の夏休みにたくさんの思い出をつくってほしいものです。

 

さて、今回のテーマは両面テープ粘着(接着)力についての取り組みを紹介致します。両面テープを貼り合わせする被着体について、両面テープが着きににくい素材があります。

PP(ポリプロピレン)PE(ポリエチレン)は、表面エネルギーが低いため、一般的な粘着剤が着きにくい被着体と言われております。

 そのため、両面テープメーカーでは、PPPEに対して粘着(接着)力の高いテープをラインナップしています。各メーカーのデータを見ても測定条件が違っているため、実際どのメーカーのもがよいのか迷ってしまいます。 

 

迷ったとき、弊社では、両面テープの粘着(接着)力試験を同条件で測定しテープ選定に役立てております!



試験例:

試験目的:PP(ポリプロピレン)を被着体として、以下の条件下で両面テープ①, , ③との接着力を測定、比較する。

① AメーカーPP&PEでも接着良好テープ

② Aメーカーの粘着力の強い通常テープ
③ Bメーカーの粘着力の強いテープ
各テープの厚みは1.2mm


試験条件:

(長さ200mmX20mm、裏打ち材PET#25μ)貼り合わせ。試験板:PP板(シボ面/シボなし面)

貼り合わせ方法:2kgローラで2往復貼り合わせ。

貼り合わせ後、室温にて24時間養生。

180°剥離試験

引張速度 300mm/

試験板から引きはがされた50mmの長さの接着力の平均値

 

結果:
キャプチャ

Aメーカーでの①②の差は歴然でした。但し、Bメーカーの通常の粘着力の強いテープ③は、試験途中で試験片が裂ける結果となりました。(写真参考)

剥離試験s

*③テープは、 試験板から引きはがされ長さ40mm間の平均値。

 

最終的には、ユーザー様の被着体や使用環境によってどのテープが適しているか確認は必要ですが、選定に迷われましたら、是非ご相談下さい。最適な素材の近道を案内いたします。


備長炭フェイシャルマスク(後編)

皆さま、こんにちは‼米島フエルト産業、産業資材課の松浦です。
7
月に入り、暑さも一段と増してきましたね(^ ^;)

川辺でBBQや水遊びなども夏らしくて良いですが、美術館などの
ひんやりした場所でゆったりと過ごす休日もいいもんだなぁ、と思う今日この頃です*

 

さて、今回は不織布・化粧品のカテゴリーの中から

「備長炭入りレーヨン繊維のフェイシャルマスク(後編)をご紹介させて頂きます!


                               備長炭マスク①

今回は気になる「効果・効能」を簡単にご紹介いたします*

 

毛穴の汚れを吸着する

炭には、目に見えない非常に小さな無数の穴(専門的には「孔」の文字を使います)が
開いています。この大きさの異なる無数の孔は枝道だらけの迷宮のようにつながっており、たくさん孔が開いている性質を「多孔質」と言います。

この「多孔質」の性質をフェイシャルマスクに応用すると、

その「吸着性」と「通気性」が発揮され、毛穴の奥の汚れや臭いを吸着してくれます!

また、ピタっと張り付いているのと同時に、肌呼吸もスムーズに行ってくれるので

肌への負担も比較的少ないだろうと考えられます*

 

弊社でご提案している備長炭繊維のフェイシャルマスクは

型抜きしたシートになるため、(または原反でも販売可)お好みの美容液と

コラボレーションすることが可能です!

 

女子会×お泊りグッツとしてインスタ映えにもぜひ!おススメです(^^)
備長炭繊維以外のフェイシャルマスクもございますので、

詳しくは米島フエルト産業㈱松浦までドシドシお問い合わせ下さい*


フェイシャルマスク(サンプル)①


                               



働き方改革への取り組み

こんにちは。経理総務部の南野です。

 

昨今、「働き方改革」が叫ばれており、テレビを見ていても話題にならない日の方が少ないように感じますが、そんな中、弊社もこの時代の流れに合わせて「働き方改革」というものを取り入れようとしております。

そこで今回は、米島フエルト産業で取り組んでいる働き方改革について一部ご紹介させていただきます。


《半日有給休暇制度の導入》

昨年「プレミアムフライデー」が話題になりましたが、
日程上の問題等もあり 企業の採用率・取得率は高くないと言われています。弊社では、より休日を取得しやすくするため、今年度より有給休暇を半日単位で取得できるように制度改正致しましたが、現状では全社員で延べ9回この休暇を活用しており、使い勝手はいいのではと感じております。


私自身もこの制度を使い、先日午後から休みを取り、大阪市内でも普段あまり行かないところへ行ってみようと 南港にある さきしまコスモタワー(旧大阪ワールドトレードセンタービルディング)に行ってきました。


最上階の55階が、カフェなどが併設された有料(大人700円)の展望台(地上252m)になっており、大阪の中心部から離れているため梅田周辺の高層ビル街を含め、大阪のほぼ全てを見ることができますので、この辺りの地理をあまりご存知ない方がおられたら、おすすめです。


展望台に行った日は、平日の昼間で人も少なく、久しぶりに海も見れて 午後のひとときを のんびりゆったりと過ごすことができました。


(さきしまコスモタワー)         (うっすら見える明石海峡大橋
さきしまコスモタワー①  明石海峡大橋②
 

 半日休暇を取得する日は限られた時間内に仕事を終わらせる必要があるので、メリハリを付けて仕事に取り組めるようになったという実感がありますし、半日休むことで、心も体もリフレッシュできます。


米島フエルト産業ではこのように仕事の充実だけでなく、自身のプライベートの充実も図れるよう会社として努力しています!


今後も従業員の働きやすさを追求し、ひいては会社の生産性を向上させ、お客様にとってより良い商品を提供できるように取り組んでいきますので どうぞよろしくお願い致します。


pageTop