消費税増税


こんにちは。経理総務部の南野です。

 

消費税の8%から10%への引き上げは過去2回延期されましたが、いよいよ来年101日には実施される模様となりました。

消費の回復が本格的でない状況での増税はなかなか消費者には厳しいものですが、政府も来年を逃すともう時期がないというところでしょうか。

我々の会社としても、今後会計ソフトの変更や経理処理の準備等であわただしくなりそうです。


さて今回の増税ですが、特徴としては、税率の引き上げだけではなく、軽減税率制度の実施が行われる点にあります。

税務署の方も軽減税率制度の周知に力を入れているようで、各地で税務説明会を開いており、私も先日参加してきました。

軽減税率の対象は「酒類や外食を除く飲食料品」や「週2回以上発行で定期購読される新聞」(下図参照)ということですが、新聞はさておき、「酒類・外食を除く飲食料品」とは、具体的に説明すると、かなりややこしいです。


軽減税率s


つまり、飲食料品は大体8%ですが、酒・外食・ケータリング・一体商品は10%となり、

例えばコーヒーショップに行って、店内でコーヒーを飲むと10%、テイクウトすると8%で

なんだか変な感じがしますね。

その他、屋台での飲食料品の販売の場合、椅子などの飲食設備がある場合は10%、飲食設備がなければ8%、列車内の飲食物の場合、食堂車で食べれば10%、移動ワゴンで購入すれば8%・・・

と 判断の難しい事例はかなりありそうです。

 

よく話題になるコンビニの食品については軽減税率適応になるようですが、条件としては、休憩所に「店内飲食禁止」の明示が必要とのこと。ということは、「店内飲食禁止」の明示を忘れたコンビニでは同じものでも10%になるのでしょうか(笑)。

来年10月に大混乱がおこらないことを祈るばかりです。

画像測定器のご紹介①

初めまして。米島フエルト産業 品質管理部 北村と申します。

紅葉が美しい季節がやってきたので会社の近くにある大阪城公園のイチョウ並木道を散策したいと思っています。

 

今回は、品質管理部で使用しています設備のご紹介をさせて頂きたいと思います。

電機資材や産業資材の部品の寸法を測定する為に、ミツトヨ製の画像測定器を使用しています。この画像測定器は、カラーカメラとズームレンズを搭載した小型卓上サイズのもので、照明設定、カウンターゼロセット、XYZ駆動、オートフォーカスなどの操作を手元で操作できるのでとても便利です。


画像機s

●仕様

符号  QS200Z

測定範囲 X軸 200mm    Y軸 200mm    Z軸 100mm

最小表示量 0.0005mm

光学倍率 0.53.5x (8段階)

照明装置 垂直落射照明 透過照明 リングファイバー照明

本体外観寸法 465(W)815(D)663(H)

本体質量 約76kg

画像器を使用する目的は、寸法測定と外観検査をする為です。

 

そこで、測定物の一例として、印刷物の文字を3種類の照明で比較してみたいと思います。

 

この画像器の照明は下記のように、3種類あります。

落射は上から光を当て、 透過は下から光を当てます。そしてリングはリング状の光を上から当てます。

 

画像


光の当て方によって画像の見え方に違いがあり、検査対象物の形状や特性で当て方を変更し、検査を行っておりますので、測定の事で何か御座いましたら、ご相談下さい。

 

次回は実際に光の当て方でどれくらい変化があるかをご紹介させて頂きます。

 

羊毛フエルトの短納期対応

米島フエルト産業 産業資材課の菊井です。

 

今回は羊毛フエルトの短納期対応についてです。

 

弊社では、自社以外にも営業倉庫でフエルトやフエルト以外の商材の在庫をしております。

加えて弊社商品管理部にはバーチカル裁断機を設置しており、自社で加工を行っておりますので、お客様のご要望にお応えすべく最短納期での商品出荷やサンプルのご提供を可能としております。


ニッケフエルトsバーチカルs

特に羊毛フエルトについては主要品番の在庫を常備する事で、原反での当日出荷を含め、M単位での切売り、ご希望のサイズに応じたサイズカット品でも対応できる体制を整えており、納期短縮のご希望にお答えする事を日頃より心がけております。

 

納期でお困りの案件が御座いましたら、お気軽にご相談下さい。

 

よろしくお願いします!


pageTop