5ゲン

こんにちは!研究開発部の中川です。


今回は
5ゲン(5)についてご説明しようと思います。

5ゲンとは、「原理」「原則」「現場」「現物」「現実」これらを総称して5ゲンまたは5現と呼びます。

この言葉は製造業の品質改善などでよく使用しますがどの業界でも通用する理論です意味合いは以下の通りです。


原理

物事を成立させるための法則やメカニズム。

つまり、理屈の部分となります。


原則

多くの場合に当てはまる法則やメカニズム。

製造業の場合は経験則みたいなものです。


現場

そのままの意味です。

製造業の場合、製造現場となります。


現物

これもそのままの意味です。

検討対象の現物です。


現実

現物に対して起きている現象ですね。


現場」に行かなければ
「現物」は見えない。

現物」を見なければ「現実」が見えない。

現実」を見た上で「原理」「原則」を理解すれば自ずと解決策が浮かぶ。


「現場」「現物」「現実」は三現主義とも言って、あのトヨタやホンダの様な大企業もこの考えを重視しているそうです。

私も研究開発においてはこの5ゲンをしっかりと活用して問題解決に励みたいと思います。


では、今回はこの辺で。


10℃半減則

こんにちは!研究開発部の中川です。


今回は寿命試験などでよく使用されている「10℃半減則」と言うものについてご説明します。


10℃半減則とは何か?

10℃半減則と言うものは、熱エネルギーを10℃上げると反応速度は約2倍になるという現象のことです。

寿命試験(加速試験)などでよく使用されており、10℃で約2倍、20℃で約4倍、30℃で約8倍と反応が早くなります。

つまり、温度を10℃上げると必要な反応時間は約半分で済むので「10℃半減則」と呼ばれています。

また、この現象は「アレニウスの法則式」と言われる計算からも求めることは可能です。


アレニウスの式
出展:Wikipedia

この法則がどの様な場面で用いられるかと言いますと、樹脂材料などの寿命試験などでよく利用されるようです。また、接着剤の硬化時間短縮などでも用いることが可能です。

我々研究開発もこの法則を活用し、製品寿命の算出や製造時間の短縮検討を日々行っています。


では、今回はこの辺で。


CFRPカーボンパイプ

電機資材課の吉永です。


今回は、CFRPカーボンパイプのご紹介をさせて頂きます。

パイプs

CFRPカーボンパイプを簡単に説明しますと“軽くて硬い”パイプです。

鉄の約1/4の重量で10倍以上の強度を誇ります。

更に弊社のカーボンパイプは、発泡体をサンドイッチする独自技術により更に軽量化した商品の

ご提案をさせて頂きます。

図1s

CFRPカーボンパイプの用途:

・ゴルフシャフト

・登山トレッキングポール

・釣り竿

・テントフレーム

・カメラ三脚

・義足

・建築用ポール

・自転車フレーム

・ロボットアーム

 他様々な用途に使用されております。


※軽量化をお考えの際は是非お引き合いをお願い致します。


pageTop