ゲンバ男子 作業着を語る

商品管理部 北村です。

私たち商品管理部の仕事は、主にフェルト等の加工業務を行なっています。実務部門、作業が実際に行われている場、いわゆるゲンバ仕事です。そのゲンバに欠かせないものといえば作業着です。

 
 皆さん作業着といえば、油やペンキなどで汚れたイメージがあるかと思います。
 働く男!という感じで個人的にとてもカッコいいと思うのですが、米島フエルト産業のゲンバでは汚れた作業着はNGなのです。


 というのも、主な取り扱い材料が、作業着に汚れがついていたらその汚れが写ってしまう真っ白なフェルトだからです。  

現場男子_F現場男子_E

「作業着は汚れていい服であって、汚い服でない」


これが米島フエルト産業 ゲンバ 作業着の流儀です。

 

フェルトの白さをそのままお客様へと届けるため、今後も作業着の清潔さを意識し、真っ白なフェルトをお届けすることをお約束いたします。

前回の記事はこちらです
ゲンバ男子については、こちらをご覧ください

商品の梱包形態について

商品管理部の島田です。

今回は商品の梱包についてご紹介したいと思います。

梱包する物の商品としましては、基本的にはフエルトの加工品を梱包しています。

何で梱包すると言いますと、通常配達などの場合は、ビニール袋や茶色の薄い包装紙で梱包を行い、一方で弊社から遠方へ発送する場合はPPなどで補強された普通の紙よりも分厚く破れにくく、丈夫なもので梱包をして、お客様の手元に届くまで、商品の破損や汚れが無いように心がけて梱包を行っております。
加えて、サイズによって梱包の仕方は異なりますが基本的には商品が歪になったりしないように平らに積み上げて梱包させて頂きます。

梱包形態1梱包形態2

また、紙素材の梱包方法以外にも小さいサイズから大きいサイズの12種類ダンボールケースも在庫しており、商品の大きさや重さで梱包の個数を調整してニーズにあった梱包形態でお送りいたしますのでご相談頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。

羊毛フェルトの吸湿性とは

こんにちは、営業部産業資材課菊井です。


一般的にフェルトといっても、実際には「羊毛フェルト」「ポリエステルフェルト」「ナイロンフェルト」など

様々な繊維のフェルトが存在します。

結果から報告すると、羊毛フェルトは他の化繊品と比べると一番吸湿性が良いのです。

 

下記、表を参照下さい。

 
吸湿度

羊毛は表皮部分(スケール)と皮質部分(コルテックス)から構成されており、スケールは水をはじく性質があり、コルテックスは吸湿性があります。その為、吸湿や乾燥により羊毛が伸縮する現象が起きます。

これは、羊毛の大きな特徴で、「生きている繊維」と呼ばれる理由です。

 

そのしなやかな表面で、水をはじく性質がありながら、湿気は良く吸収するという、吸湿性の良い繊維、

羊毛フェルトのこんな箇所に使用したい等御相談があれば、是非御連絡下さい。

pageTop