フェルトを細長くする加工

米島フエルト産業 業務部の安井です。

 

今回はフェルトを細長くする加工(スリット加工)についてのご紹介です。


同じフェルトを長くする加工として、前回フェルトをつなぐ加工(つぎ加工)をご紹介いたしましたが、
では、つぎ加工品と今回のスリット加工品の違いは?と言うと、つなぎ目の有無になります。

 (前回記事はこちらです)

つぎ加工品は接着剤でフェルトとフェルトをつなぎ合わせて加工しますが、
スリット加工品はスリッター機と言う円盤状の刃がついた機械に必要な長さ分だけのフェルトを通すので、
つなぎ目が発生せずに加工を行う事が可能です。

フェルトを細長くする加工

したがって、スリット加工品の特徴はつなぎ目が無いので、つぎ加工品比べて強度があり、
つなぎ目部分で切れることがありませんし、加工サイズについても、
つぎ加工品が最大幅で約200mmW程度までしか加工対応できないのに対して、
基本的にスリット加工品は最小幅が約10mmWで最大幅が約900mmWまで加工が可能です。

 

ただし、つぎ加工品とは異なり、小ロットでの対応が難しいのですが、ロットの件についてはご相談と言う事で。
まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

宜しくお願い致します!


ゲンバ男子

米島フエルト産業 商品管理部の北村です。

 

皆さん、「ゲンバ男子」というワードを耳にしたことありませんか?

 

「ゲンバ男子」は大阪産業創造館が民間企業とタイアップして実施しているプロジェクトで、
中小製造企業の若年層の採用難という課題を背景に、工場でイキイキ働く若者の力を借りて
業界でイメージアップを図るというものです。

ゲンバ男子1
http://bplatz.sansokan.jp/archives/category/genba

 

この取り組みに米島フェルト産業も参加しています。


ゲンバ男子2ゲンバ男子3

http://bplatz.sansokan.jp/archives/1961

http://bplatz.sansokan.jp/archives/1971

 

実は、私もこの会社に就職するきっかけが、先輩二人のゲンバ男子の写真をみて、
イキイキとしたかっこいい表情で働く姿が印象に残っていたからです。

そんな私も入社三年目となり、今では立派なゲンバ男子の一員として、日々技術を磨いております。

私もいつかは掲載されるようなかっこいいゲンバ男子になるべく、日々の職務に邁進していきたいと思います。


ゲンバ男子4

夏季休業のお知らせ

経理総務部の南野と申します。

今年の夏も猛暑が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

弊社では昨年からブログを始めさせていただきましたが、早や8ヶ月目に入りました。

ホームページとこのブログで、弊社が手掛ける「かたい」材料ではなく、「やわらかい」だけの材料でもない「Shinayaka Material (しなやかマテリアル)」(not too hard , not too soft)がどういうものなのか少しでも分かっていただけると幸いです。

今後も様々な取扱商品、加工方法等、できるだけ分かりやすくご紹介し、
皆様のお役に立つ話題を提供させていただきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

さて弊社は下記の期間を夏季休業日とさせていただきます。


2017
811日(金)~2017816日(水)


夏季休業後は817()より通常営業を開始いたします。

 

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

ではまだまだ暑い日が続きますので、お体にはくれぐれもお気を付けください。

夏季休業イラスト

pageTop